「函館↔札幌間トンネル掘削土の処理方法の危うさ」    サケ・サクラマスの母川回帰に影響はないのか…?

2016年3月26日に華々しく新幹線が北海道へ上陸。ただ華々しかったのは、開業日だけ。それでも乗車率は61%だった。現在、平日は最低で17%、開業から16日間の平均は27%。この先、年間赤字が約48億円と見込まれ乍ら、函館から札幌まで7割以上がトンネルという「もぐら新幹線」工事が始まっている。

問題なのは、北海道の山々を掘り起こし、土中で眠る有害重金属を放出させた後の処理の危うさである。八雲町立岩トンネル工事ではフッ素・鉛が含まれる掘削土が工事現場に山積みされ、どこか?へ運び出されている。

2016-04-07・加工済・立岩トンネル掘削工事入口・KAZ_0078
八雲町・立岩トンネル工事現場
2016-04-07・加工済・北海道新幹線・立岩トンネル工事現場・右の灰色の盛土がフッ素含む掘削土・KAZ_0077
右の灰色の盛土がトンネル内から掘り出された”自然由来の”フッ素・鉛など有害重金属が含まれるトンネル掘削土。

トンネル工事ではフッ素・鉛・セレンなどの有害重金属を含む掘削土が大量に排出される。この処理について、独法・鉄道建設・運輸施設整備支援機構に説明を求めると、「遮水シートを敷いた管理型保管施設で浸透水を確認しながら適切に管理していく」と回答していた。ところが、この掘削土を、地元農家へ土地の地盤材への利用を勧めて募っていたことが発覚した。(住民説明会・2016年3月15日)しかも野生サケが遡上する遊楽部川に隣接する敷地に保管することが決まり、一部でに投棄が始まった。八雲町は酪農と漁業が主幹産業である。

2016-03-15・北海道新幹線・立岩トンネル説明資料
立岩トンネル工区の有害重金属が含まれる地層図。2016年3月15日・八雲町住民説明会で配布された資料(提供・独法・鉄道建設・運輸施設整備支援機構)

機構は、「”自然由来の”有害重金属だから、遮水シート無しでも土壌に浸透させて吸着させるので、敷地から外へ流れ出しても環境基準内に収まるから影響は無いと考えている」と説明している。

北海道の水産業はサケ・サクラマス漁に支えられている。サケ・サクラマスは、母川回帰の習性があり、生まれた川に戻ってくる。この習性が北海道の水産業を支えている。母なる川の水のニオイを嗅ぎ分ける能力を持っているからだ。その能力をつかさどる器官が嗅細胞だ。北大水産学部の時代からサケの母川回帰の習性に着目し、ニオイを感知する嗅細胞の研究に取り組まれてきた北海道大学・上田宏特任教授は、重金属の銅がサケの嗅細胞数を減少させると報告している(2006年)。フッ素、鉛、セレン…その他の有害重金属ではどうなのだろうか。ところが、どのように影響を与えるのかについては現段階では誰も調べていないことが分かった。これらの有害重金属が嗅細胞に影響を与え、母川回帰の能力が失われるようなことがあれば、北海道の水産業は大打撃を被る。

機構の行為は大問題を孕んでいるのだ。

まさか、有害重金属を遮水シート無しで投棄するようなことなど誰も想定していなかっただろう。トンネル工事で発生する有害重金属土について機構は、土壌汚染対策法の規制外と説明し、自主的に対策をしているとの立場だ。(2016年4月5日)

独法・鉄道建設・運輸施設整備支援機構からの回答

有害重金属が含まれるトンネル掘削土は規制の対象外ということが露見した。また、フッ素・鉛・セレンなどの有害重金属が含まれた濁水はPAC(神経毒を含む)で添加処理され、処理後の水は遊楽部川へ放流されている。

2016-03-27・加工済・濁水処理水の放水口・立岩トンネル工事現場・KAZ_0283
トンネル内で発生したフッ素・鉛・セレンなどの有害重金属が含まれた濁水はPACによって濁水処理されて、遊楽部川へ流されている。
2016-03-27・加工済・濁水処理水の放水口・立岩トンネル工事現場・KAZ_0287
フッ素や鉛が含まれ、白濁し、泡立っている。
2016-03-27・加工済・PAC濁水処理水は遊楽部川へ排水される・KAZ_0327
フッ素や鉛の濁水がPACで処理された後、サケ・サクラマスなどの母川回帰する魚が棲む川へ放出されている。ホタテのラーバへの影響も未確認のままの放出だ。
2016-03-27・加工済・濁水処理水の放水口・立岩トンネル工事現場・KAZ_0345
フッ素・鉛の有害重金属が含まれる濁水処理後の水は灰色をしている。フッ素や鉛の影響が母川回帰へ影響を与えたらどうなるのだろうか。また、ホタテのラーバ(幼生)への影響についても機構は答えない。重大な危険性を孕んでいるのに不誠実な対応がされている。

独法・鉄道建設・運輸施設整備支援機構がトンネル工事を始めてから、北海道の自然、資源や暮らしに危機と不安が膨らむ。函館から札幌まで現在、19ものトンネルが掘削中である。

八雲町では、この掘削土を投棄する周辺で、井戸水を利用している農家がある。ところが、機構はそれを把握していなかった。「井戸水を使用している農家に、いつ、どう説明するのか?」と聞くと、「投棄が決まってから知らせる」と言う。 ………あなたの町で行われているトンネル工事による掘削土の処理方法や濁水処理に使用される薬品について、十分な検証と説明を受けていますか?怪しい自然由来と基準内という免罪符つきの有害重金属の汚染を、「環境基準内」という言葉で済ませて大丈夫ですか? (水は?水産資源は?イトウは大丈夫ですか?)重金属含有の残土の保管も、神経毒含有の薬品添加の濁水放出も、環境に影響を与えない対策は出来るのです。それには、事業者任せにしないで、疑問は声にし、正しいことを求める。私たちが関心を示す姿勢こそが大事なのです。

農林水産省、環境省や国土交通省、厚生労働省は、実際の現場での処理の在り方が、こうした機構の自主的な対策、(しかも、ずさんな)でしかないものであることを知っているのだろうか…?新幹線が国策だと言うなら、しっかりと監督・指導をしていただきたい。

 

北海道新幹線開業…函館↔札幌間は76%がトンネル。各地で掘削が始まったが…。

「新幹線が北海道にやってくる」

連日、軌を逸したように営業メリットだけを囃し立てた報道がされているが、積み残されたデメリットの課題については全く報道されはしない。新函館北斗駅から札幌駅までの76%がトンネルである。いよいよ北海道では噴火湾へ注ぐ河川一帯を跨る山々でも、8年間に及ぶトンネル工事が着手され始めた。

トンネル掘削では大量の濁水が発生する為、濁水処理が課題となる。

濁水処理にはPAC(ポリ塩化アルミニウム)という発がん性のある有機系凝集剤が使用される。神経毒、蓄積毒であるアクリルアミドのモノマーは魚のエラに吸着する。ヒメダカは48時間で50%が死亡、粉末凝集剤では100%死亡するという毒性が認められているものだ。プランクトンであるミジンコでは、100%が遊泳阻害を受けることも解っている。

噴火湾に注ぐ川にはサケやサクラマスが遡上している。川底に産み落とされた卵、ふ化したばかりの稚魚はメダカ以上に影響を受ける可能性がある。しかし、トンネル掘削工事の濁水処理に添加されるPAC凝集剤の8年にも及び使用し続けることによる影響については、鉄道・運輸機構も建設会社も「わからない」と言う。

噴火湾は沖合5,000mまでホタテのケタを吊り下げた大養殖場でもある。ホタテの子どもはプランクトンである。ホタテが食べる餌もプランクトンである。そのホタテは北海道の大事な産業であり、学校給食の献立にも推奨されている。神経毒、蓄積毒、発がん性があるPAC凝集剤を長期使用することに、北海道は黙っているのだろうか?どうしても解せないのが、なぜ、このPAC凝集剤を使用しなければならないのかだ。本州では、既に大手建設会社は環境保全・生態系保全の観点からダムやトンネル工事で使用してきた有機系凝集剤を、現在では天然素材に転換している。しかし、北海道でトンネル工事に着手している建設会社は、「コストがかかる」「既に薬剤を購入している」「作業効率が悪い」という理由で代替はしないと結論している。そして、鉄道・運輸機構は、「環境基準を満たしていれば、咎めない」と言う。有機系凝集剤の環境基準値は「国交省」と「環境省」が設定しているが、基準値の甘い方の「環境省」基準に基づいているのだそうだ。

漁業受益者たちは補償の取り決めをしているようだが、実際に影響が出てもトンネル工事の濁水処理剤による影響であると特定することは、困難であり不可能であろう。どの世も「因果関係は認められない」ということだ。環境も生態系も最もだが、何より「食の安全」を最優先に考え、漁業者はより安全な無機系凝集剤あるいは天然系素材の凝集剤への転換を求めていただきたい。未来に起こる影響の原因を特定することは非常に難しいことなのだ。

ここにPAC凝集剤添加後の放流地点から下流で発生する影響を予測して列挙する。

●1:サケやサクラマス、キュウリウオ、その他の魚類に卵・稚魚の段階で影響を与え、蓄積毒は将来の水産資源にダメージを与えることになる。

●2:噴火湾のホタテ養殖においては、ラーバや稚貝、幼貝そのものへの影響の他、稚貝から成貝に至るまでが、汚染プランクトンを餌として食すことになる。出荷ホタテに至るまで広範囲に影響が及ぶことになる。

●3:噴火湾は遠浅の海底が広がっている為、波浪によって沈澱したモノが巻き上げられることは科学的に解明されている。即ち、PAC凝集剤の付着物が海底に沈澱堆積した場合、ホタテ養殖カゴが有毒な攪拌物によって包まれ、その影響は避けられない。斃死が続出したり、出荷が出来なくなることは免れない。

事業主体者は、河川から海域に多様な魚介類への影響は無いとする根拠も説明も出来ていない。更に、沈殿された汚泥の保管場所や方法も明瞭な説明は無い。新函館―札幌間の76%もの北海道の山々が掘削され、長く続くトンネル工事で排出される膨大な量の濁水に、有毒な薬剤を添加し放流することは、広範囲にわたり、甚大な影響が現れることが懸念される。北海道が制定した生物多様性保全にも違反することになる。こうした影響を回避する裏付けが示されないままのトンネル工事について、今後も注視し取材を続け、経緯の詳細についても報告していく。

北海道新幹線トンネル工事によって8年間の長期にわたり、PAC凝集剤が流れ込む噴火湾
北海道新幹線トンネル工事の8年間の長期にわたり、PAC凝集剤添加処理水が流れ込む噴火湾

【北海道新幹線立岩トンネル工事現場】

立岩トンネル工事現場と立岩活断層・噴火湾の

立岩トンネル工事現場と露頭した活断層と噴火湾の位置関係

立岩トンネル工事現場のここからPAC凝集剤が遊楽部川へ流され、噴火湾に流れ込む。
立岩トンネル工事現場からは、PAC凝集剤添加処理水が遊楽部川へ流され、噴火湾に流れ込む。
立岩トンネル工事現場
立岩トンネル工事現場
とうとうトンネルの型枠が設置はじめられていた。
立岩トンネル工事現場。いよいよトンネルの型枠の設置が始まった。2015年12月22日

【北海道新幹線野田追トンネル工事現場】

野田追トンネル八雲工区側(八雲町大新)。ここから野田追川まで貫かれる。
野田追トンネル八雲工区側(八雲町大新)。ここから野田追川まで貫かれる。