6月14日午後6時15分からHTBテレビ「イチオシ!」で有害残土問題…

614日午後615から、HTBテレビイチオシ!

北海道新幹線トンネル工事で掘り出される「有害重金属含有の掘削土」の処分の問題がテレビで放送されます。

ぜひ、ご覧下さい。

北海道新幹線トンネル工事現場。持ち出せない有害重金属含有の掘削土は風に飛ばされないよう、雨で流れ出さないようシートで覆われ、保管されている。2018年現在、有害掘削土は写真の左手の農地に拡張し、積み上げられている。立岩工区(八雲町立岩)。撮影2017年11月2日。
北海道新幹線トンネル工事現場。立岩工区(八雲町立岩)。撮影2017年11月2日。
北海道新幹線トンネル工事現場。PAC処理された排水は遊楽部川へ流され、噴火湾に注ぐ。立岩工区(八雲町立岩)。撮影2017年11月2日。

この持ち出せなくなった有害掘削土及び八雲町内の工事で発生する全有害掘削土を八雲町黒岩地区の山崎川の源流部に投棄し、谷を埋めるという計画です。下記に住民説明用の資料を添えます。

出典・新幹線建設工事の発生土への対応について(八雲町黒岩地区発生土受入地)説明資料・平成30年3月28日・独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構・北海道新幹線建設局…以下に同資料を添えます。

独法・鉄道建設・運輸施設整備支援機構が責任を持つ期間は2年間とされております。

福島県喜多方市の地滑りは、ダム湖の横で発生。

福島民友ニュース(web)によれば、「…1時間に8ミリの地面の動きが観測されるなど危険性が高まっているとして、喜多方市は避難準備の情報を出していた1世帯2人に、29日午後、避難勧告を…」、「…県によると、亀裂は1日6~10センチ広がっており、場所によっては深さ約70センチの亀裂が…」とあります。2018年5月30日:福島民友ニュース⇒URL:http://www.minyu-net.com/news/news/FM20180530-274920.php

また、NHK NEWS WEB(福島)では、「…福島県によりますと、今回の地滑りが起きた地区の近くでは昭和20年ごろから同じような地滑りがたびたび起きていたということです。しかし、40年あまり前の昭和52年度にかけて地滑りの原因となる地下水の排水作業などの対策を行ったところ、その後、地滑りの被害は出ていませんでした。…」とあり、ダム湖の湛水との関わりは触れられていません。2018年5月29日:NHK NEWS WEB(福島)⇒URL:https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180529/6050001248.html

昭和20年ごろと今回の地滑りが発生しているところは東北電力株式会社の「山郷ダム(山郷発電所)」のダム湖に面した場所となっています。地滑りが発生したのは昭和20年ごろで、山郷ダムの運用開始時期は昭和18年2月となっています。従って、本来なら「地滑り」と「ダムの湛水」との関わりについて触れられるはずなのですが、一切触れられていません。なぜなのでしょうか?山郷ダムの運用開始時期⇒URL:http://www.suiryoku.com/gallery/fukusima/yamasato/yamasato.html

奈良県川上村白屋地区では大滝ダムの湛水に伴い、ダムに面した場所で地滑りが発生し、全村民が移転を余儀なくされて、村が消滅した事例があるのです。「kabuの健康blog」さん参照⇒URL:http://kenkoulife1.blog.jp/archives/3149539.html

また、過去には、1963年のこと、イタリアの「バイオントダム」でダム湖に面した場所で地滑りが発生して土砂がダム湖になだれ込み、その結果、ダム津波が発生して甚大な被害が発生しています。URL:

衝撃の瞬間「ダム津波の脅威」

喜多方市の「地滑り」報道ではダムとの関わりに触れる情報はありませんので、気がかりです。

………

これまでの報道⇒NHK NEWS WEB(福島)とANNニュースを添えます。

2018年5月25日:NHK NEWS WEB(福島)⇒URL:http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180525/6050001200.html

2018年5月25日のNHK NEWS WEB(福島)の報道によれば「喜多方市西部の高郷町で地滑りが発生し、周辺の地面が1時間あたり数ミリずつ動き続けていることがわかりました。 地滑りでできた地面の亀裂は住宅に近づいていて、喜多方市は(2018年5月)25日午前、災害対策本部を設置し、地盤の変化を観測している県とともに監視を続けています。 県などによりますと、今月2日、喜多方市高郷町の県道367号線で、道路や道路沿いの斜面に10か所ほど地滑りによる亀裂が見つかりました。…」とあります。

2018年5月25日:ANN⇒URL:

さらに、高郷町揚津の中村地区での地滑りは今なお拡大しているとのことです。

2018年5月25日のNHK NEWS WEBでは、地滑りの場所を中村地区の「周辺」や「川に沿った道…」としていますが、Google Earthで確認すると、東北電力株式会社「山郷発電所ダム」のダム湖(湛水域)の横であることが解りました。また、「県が5月20日に地盤の変化を感知する機器を設置し、その観測によると、地面は今も1時間あたり数ミリずつ動いている」とあり、早期の避難が必要となるでしょう。心配です。

 

 

論説「強引な手法許されない」石木ダム 長崎新聞

この現代において信じられないような話だが、長崎県佐世保市は、集落で「暮らし続けていたい」という人々の憲法で保障された基本的人権をも無視し、先祖代々から暮らす人たちの土地を強制に取りあげ、そこに石木ダムの建設を粛々と進めている。長崎新聞の論説を是非、ご覧下さい。

かつて、筑後川上流の下筌ダム建設に対し、蜂の巣城に籠もって反対運動をしていた室原知幸は「公共事業は 法に叶い 理に叶い 情に叶うものであれ」と人の心を顧みない無情な行政への戒めを残している。

詳しくは下記のWEBをご覧下さい。

トップページ

衝撃の瞬間「ダム津波の脅威」

巨大ダムに携わる推進・反対両派の人たちに見ていただきたい動画を紹介します。

何千年も露出した地層が、貯水によって水に浸かるとどうなるか。その問題点を解説したメカニズムが分かりやすい。

ダム湖の上流部で地すべりを引き起こす山腹崩壊。ダム湖に沈み込んだ山体が津波を生み、想定を超えた大災害となった。このイタリアのバイオントダムの大災害について、こう語られている。

「人間の愚かさ、自然への理解の欠如、管理の失敗」

人間の過信が引き起こす人災は、日本の巨大ダムでも起き得る。石木ダム、八ッ場ダム、平取ダム、サンルダム…

今まさに建設されつつある巨大ダムの行方は………!?

 

サケの記憶(上田宏著・東海大学出版部刊)

新刊紹介。サケが生まれた川に戻ってくる不思議な習性。この謎解きに挑んだ好著です。川の水の臭いの記憶に始まる母川回帰の謎、太平洋からオホーツク海、ベーリング海への壮大な旅路の謎、その謎解きの数々が紹介されています。

 

川の水の臭いの違いを記憶するのは、サケの鼻の中にある水の臭いをかぎ分ける「嗅覚細胞」です。この細胞があって川の水の違いを区別して、生まれた川に戻ってくることができるのです。もしも、この「嗅覚細胞」の数が減少したり、損なわれたらどうなるのでしょうか。正常に機能しなければ、サケは川の水の違いを記憶することができなくなるかも知れません。

現在のところは、重金属の「銅」が、サケの嗅覚細胞の数を減少させることが明らかにされています。しかし、道路工事などで地盤材として利用されている「鉄鋼スラグ」やトンネル工事などで出土する重金属含有土などに含まれるフッ素、六価クロム、カドミウムやヒ素、鉛など、他の重金属類、あるいは濁水処理で使用される有機系凝集剤などの科学薬品類については、どのような影響があるのかなど、ほとんど調べられていないことが分かってきました。

 

羽幌町 3月13日・映画「ダムネーション」上映会開催

 

2016-03-13・映画「ダムネーション」羽幌町上映会

●お問い合わせ先:TEL 0164-69-2080 石郷岡さん

北海道・羽幌町で映画「ダムネーション」の市民上映会が開催されることになりましたので、ご案内申し上げます。

清流の多い北海道にあって、驚くほどたくさんの治山ダム・砂防ダム、灌漑や治水を目的とした大規模なダムがあります。これらダムの「砂利を止める(貯める)」効果の影響で、ダムから下流全域では、川底が下がる「河床低下」が進行しています。サクラマスの保護河川では、ダムの下流で川底の砂利がサクラマスの卵もろとも流されたり、産卵に適した礫環境が奪われています。河岸崩壊や山脚崩壊の多発、拡大で、微細な砂が発生するようになり、それが河床に沈澱・堆積し、卵が育たなくなっています。

法の縛りで取り締まられている保護河川でありながら、再生産の仕組みを壊すダムの影響には全く触れず、釣り人を排除するばかりの対策では、サクラマス資源枯渇は避けられません。

昔の川を知る漁師や釣り人、川を愛しんできた人たちは、治山ダム・砂防ダムが建設されてから川底が掘り下がり始めたことや、泥が出るようになったこと、サクラマスがいなくなったことに気がつき、疑問の目を向け、川の仕組みを学び、ダムの改善を求めるようになってきました。

ダムが、私たちの水や食や暮らしにどう影響を与えているのか?

ダムの撤去や建設見直しが、何故必要なのか?

何故、多くの関心と行動が、ダム撤去の実現を可能に出来るのか?

様々な立場の人たちの問い考える機会になることを願っています。

映画「ダムネーション」上映会~桧山さけ定置漁業振興協議会

■平成27年度 桧山さけ定置漁業振興協議会研修会■

日時:平成27年11月13日(金)14:30~17:00

場所:乙部町生きがい交流センター 乙部町字元町317

研修:① 歳末にむけての海難防止講習会 江差海上保安署

② 講演「ダムの何が問題なの…?」流域の自然を考えるネットワーク:稗田 一俊

③ 映画「ダムネーション」(87分)

主催:桧山さけ定置漁業振興協議会

共催:流域の自然を考えるネットワーク

協賛:パタゴニア日本支社

参加対象:函館開発建設部 渡島総合振興局 函館建設管理部 檜山振興局 北海道漁連 北海道漁連函館支店 さけます水産試験場道南支場 各町役場 桧山さけ定置漁業振興協議会 ひやま漁業協同組合 漁業者

※ 当日は漁業関係者の為の研修上映です。一般のご来場は、ご遠慮をお願い致しております。

 

 

函館 11月2日・3日…映画「ダムネーション」市民上映会

名称未設定-1

 北海道・函館市で映画「ダムネーション」の市民上映会を開催いたしますので、ご案内申し上げます。

道南は、渡島山地を源に450もの沢や大河が日本海、太平洋、津軽海峡へと注いでいます。この豊かな流域には、治山ダム・砂防ダムの他、灌漑や治水を目的とした大規模なダムが数多くあります。これらダムによる「砂利を止める(貯める)」効果の影響で、川底が下がる「河床低下」が進行し、山裾が崩れ落ちる山脚崩壊や川沿いの道路や農地が崩壊するなど、災害が頻発しています。

サクラマスの保護河川では、ダムの下流で川底の砂利が流失し、産卵に適した環境が奪われています。河岸や山脚の崩壊で微細な砂が発生し河床に沈澱・堆積するために卵は育たなくなっています。法の罰則によって取り締まられる保護河川に指定されていながら、再生産の仕組みを壊すダムには目もくれず、釣り人を排除するばかりの対策は、サクラマス資源の枯渇が進む一方となっています。

昔の川を知る漁師や釣り人、川を愛しんできた人たちは、治山ダム・砂防ダムが建設されてから川底が掘り下がり始めたことや、泥が出るようになったこと、サクラマスがいなくなったことに気がつき、疑問の目を向け川の仕組みを学び、ダムの改善を求めるようになってきました。

ダムが、私たちの水や食や暮らしにどう影響を与えているのか?

ダムの撤去や建設見直しが、何故必要なのか?

何故、多くの関心と行動が、ダム撤去の実現を可能に出来るのか?

様々な立場の人たちの問い考える機会になることを願っています。  スタッフ一同、会場でお待ちしております。